2006年04月07日

姨捨からの車窓

image/sakuratic-2006-04-08T01:46:09-1.jpg
image/sakuratic-2006-04-08T01:46:09-2.jpg

4月初、姨捨駅を通った。草萌えの季節ではない。
じっと春の訪れを待っている。
駅では、スイッチバックで電車の待ち合わせ。
電車がすれ違い走り出す。
善光寺平が見える。四季を通して、この風景が大好きで、
出来るだけ、この風景が見渡せる進行方向右側窓際のボックス席に座るようにしてい
る。棚田はまだ冬ごもり。蛇行している川は千曲川。
また、今年もこの風景を見ながら、創作活動に行こう。


posted by さくら at 01:46| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

万豚記(VAN・ZHU・ZI)

TYOの夜は長いね。とある中華店で御飯を食べた。
オープンキッチンなアジアンな庶民的なメニューの多い店だった。
いろんな料理を分けて食べましょう。と言う事で、

ジンギスカンのねぎ香炒め(本場はどう?)
レタスとたまごのチャーハン(レタスのシャキット度は?)
焼き餃子6個(これは、お約束)
揚げ手羽元(エヘヘ、名古屋の手羽先が恋しくて。)

あと、分量が多いかと不安があったけど、紹興酒。
ビールは、お腹が膨らんで、料理が食べられないし、
この日は外が強風でめっちゃ寒くて、体は芯まで冷えて、
冷たいサワーは、飲みたくなかった。

image/sakuratic-2006-03-22T13:18:38-1.JPG
image/sakuratic-2006-03-22T13:18:39-2.JPG

予想通り、ジンギスカンは玉葱がほんのり甘くて、お肉も
ラム肉の臭みが抜けてて、柔らかかったよ。

レタスの玉子チャーハンは、薄味でレタスもしゃっきり炒てあって、
レモン色のようなすっきりイエローと木の芽時を思わせるフレッシュグリーンに
パラパラなチャーハンはホント美味しかったけど、分量がすごっ。多かった。

焼き餃子は、ニンニクとか隠し調味料の加減がほどよく効いてて、美味しかった。
でも、チャーハンでお腹がいっぱいで、少ししか食べられなかった。(泣)

揚げ手羽元はしょうゆ味が甘辛くて、カワは確かに脂っぽいけど、
コラーゲンがあるから、肌にもいいいのよね。うふふ。

紹興酒は、果実酒を飲む小さなグラスだった。
確かアルコールでツ〜ンとするくらい強いはずの酒。
ざらめ砂糖を入れながらの飲むのよね?
しかし、その砂糖がなかったし、アルコール度も鼻につくこともなくて、
噛み砕くと、養命酒の漢方の香りが薄いような感じだった。
隣の席のおじさまも、砂糖をいれた気配もなく、いいのか?と、そのまま飲用。
飲みやすいお酒は、調子に乗ると、あとから酔いが回るので、要注意。
あの紹興酒、お店のほうで飲みやすいように調合してると思うんだけど。
アルコール色に染まらないお顔だったこと、思い出したわ。

帰りのヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*) バイバイ!! は、酔っ払っいじゃなかったよね

>どうだった?友よ。(笑)





posted by さくら at 13:18| 長野 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

お歌の演奏会

立春が過ぎて、春めいたのか?三寒四温?
暑さ寒さも彼岸までなのか?
幸い、2月の大雪も降らず、迎えたお歌の演奏会。

サウンド・オブ・ミュージック系の歌を原語で歌った。
日本語訳詩で歌ったものもあったけど、
ドレミの歌、エーデルワイス、さよならごきげんよう、
朝の賛美歌とハレルヤ すべての山に登れ
を 原語で歌ったよ。
まぁ、発音はちょっと多めに見てもらって。(笑)
朝の賛美歌とハレルヤは、女声の見せどころで頑張りました。
最後のすべての山に登れ は音域が高くて倒れそうだったわ。

昨夏、ドレミの歌の練習があ〜だ、こ〜だ、ブログに書いたけど、
何とか歌えるようになりました。

それと、お山界隈に別荘を持つ、新実 徳英先生 (作曲家)の
「白い歌青い歌」という合唱曲集より、歌の旋律を楽しみました。

今回、子供の頃から好きな歌を歌える機会に恵まれましたが、
「楽しい合唱」と言う合唱団のポリシーがあり、
とにかく、笑顔で笑顔で歌いなさい!コレが指示でした。
でも、なかなか笑顔で歌うことは難しいです。
日本人って照れ屋だし、心は楽しくても、表情を作るのは
インターンナショナルのようには行きませんね。
どうしても、緊張すると気難しい顔になります。
自分なりにかなり考えて、口角を上げて(気分)と
頬の表情を意識的に上げて歌うことやってみました。
自分では、大袈裟にやりましたが、
笑顔で楽しくで歌っている表情だったといわれました。
それが良いのかどうかはわかりませんが、
自己満足?でも、自分でも十分楽しい演奏会は終わりました。


おかげさまで、ほぼ満席、2階席もは入り、立ち見が出ました。








--------------------------------------
GANBARE! NIPPON!
Yahoo! JAPAN JOC OFFICIAL INTERNET PORTAL SITE PARTNER
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ganbare-nippon/
posted by さくら at 05:07| 長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ミャンマー写真展

ミャンマー(ビルマ)の写真展へ出かけた。
マンダレー街道のゆったりした農村風景やこの土地で暮らす人々の
温かい表情を切り取ったものだ。

水牛と水遊びする子供や寺院で祈りをささげる人、
市場で花を買う娘さん、人々の暮らしにゆったりした時の流れを感じる。
まだ、手作業での田植えの風景に牧歌的名雰囲気が漂い、
牛車で大量の藁を運ぶ風景の写真に 「今を精一杯生きる」
「人々の温かい表情や風景で心が癒される」オーラを感じました。
汗を流して働く姿の美しさをいうか?とにかく確かなモノを感じる。

何十年前、日本にもこんな原風景があったのでしょうね。

今回のデジタル社会での事件、PCのリターンキーを押せば、
株価の利益完還流も、株の売買での初歩ミスで何億円もの損害になってしまい、耐震
偽造の数値も改ざん出来るこのニッポン。
なにかが、狂い始めてる?いや、もう狂い出してしまった。(過去形)
デジタルの使い方を誤ったのか?でも、ツールを使うのは人間だ。
写真を見ていて、明るい気持ちになれた反面、悲しくなった。(-_-;)




--------------------------------------
GANBARE! NIPPON!
Yahoo! JAPAN JOC OFFICIAL INTERNET PORTAL SITE PARTNER
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ganbare-nippon/
posted by さくら at 10:09| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

「いま、会いにゆきます」 映画鑑賞

寒さが厳しいこの頃。先週末、東京で雪が積ったとTVニュースを見て驚いた。
だって、信州の(北部を除く)は、めちゃ寒いが、雪は舞わなかったんですよ。

ところで、八ヶ岳界隈ロケ映画の「いま、会いにゆきます」を拝見しました。

続きを読む
posted by さくら at 01:12| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

パティオ大門

image/sakuratic-2005-11-16T08:22:44-1.JPGimage/sakuratic-2005-11-16T08:22:44-2.JPG

晩秋の信州、日に日に最低気温が更新される今日この頃。
一昨年、善光寺のご開帳の年に、大門町界隈にあった土蔵の一部で
信州情報誌「NAO」でおやき類を販売した、今でも「なおやき」として
親しまれている。(推測だけど)、善光寺参道に町おこしとして、
長い間眠っていた土蔵つくりの一角をリニューアルし、オープンそうな…。

続きを読む
posted by さくら at 08:22| 長野 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

イタリアのピアニストの来日

先月末から、ハードスケジュールで、ご報告が遅れました。

演奏会の後、マウリツィオ・バリーニさんへ送ったメッセージです。

続きを読む
posted by さくら at 21:15| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

東京の浜離宮

9月に浅草の鮨屋の話をしたけれど、やっとこさ、浜離宮の写真UPしたよ!
MYHP
から、HP別館へアクセスして、時間があったら、見てください。随分遅くなっちゃった!!
posted by さくら at 05:54| 長野 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

音楽芸術祭

新しい音楽ホールで歌を歌うことになった。
曲目は3曲。発表は、10分の設定だった。

続きを読む
posted by さくら at 15:10| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

北海道物産展

image/sakuratic-2005-10-10T14:13:05-1.JPGimage/sakuratic-2005-10-10T14:13:05-2.JPG
全国各地、どこでも集客優秀な北海道物産展。
この日は、出遅れた為、六花亭のバターサンドは売り切れ。
その陳列の中に初めて見つけたのが、
マルセイチーズ&ビスケット。 即、買いました。

レアチーズには、生クリームとクリームチーズ、サワークリーム、リキュール。
ビスケットには、アーモンドパウダー、ラム酒、ブランデ−。
なかなか美味しそうでしょ。よーく冷やして食べましょう。
ビスケットをそのままサクサクと。
レアチーズをそのまま冷やして、
葉形のままでおしゃれなデザートに。
レアチーズをビスケットでサンドして、
冷やすとしっとりしたビスケットになります。

でも、バターサンドに比べて、
ビスケット薄くて小さいから
物足りないなぁ〜。^_^;

posted by さくら at 14:13| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

豊の秋

image/sakuratic-2005-10-09T16:39:38-1.JPG

MYhPのindexは、信州・姨捨の棚田に咲く秋桜。
9月の棚田の風景をみて、10月に入り、
稲架の景色を見たくなったが、
お彼岸頃に、稲刈りが終了している様子で、
やっと直前に観光協会に問い合わせた。

続きを読む
posted by さくら at 16:39| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーディング

開館したホールの他にあるフローリングのワンフロアのアトリエ。
壁側面には鏡があり、アトリエの全体の様子が映る不思議な空間。
その反対に窓側面は、幾何学模様のような、△の小さな明り取りから、
夕暮れの町並みが見える。なんとも癒されるアトリエでだった。

続きを読む
posted by さくら at 01:48| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

天使の羽

柿落としの日、3人の天使が舞い降りてきた。
クラシックの演奏会に手ごろな専用のコンサートホールである。
ハープ&フルート奏者、ソプラノのソリストの女性が登場する。

続きを読む
posted by さくら at 07:05| 長野 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

曼珠沙華

曼珠沙華の花をデジしたのだけど、
深い赤味を出すのがすごく難しいね。
もう少し、滴のしたたる感じを出したかったけど、
望遠も無いデジは、これが限界だった。^_^;

MYHP の index 曼珠沙華は,不忍池で撮影したよ。



posted by さくら at 00:39| 長野 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

棚田の里

tanada350.JPG

この間、阿弥陀堂だよりの映画を見てから、
棚田の風景が見たくなって、姨捨の棚田に行きました。

続きを読む
posted by さくら at 00:05| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

阿弥陀堂だより

以前、寺尾聰さんと樋口可南子さんのキャストの「阿弥陀堂だより(2002年上映)」の映画を見た。
信州・飯山市で1年かけてロケをした映画で、東京の暮らしに疲れ果てた一組の夫婦が、大自然の
暮らしの中で再生していく姿を描いたヒューマン・ドラマである。

薫風の季節に、念願のロケ地に出かけたとがあった。ロケセットの阿弥陀堂はそのまま残されてをり、今でも観光客が訪れてる。先週、ビデオを見る機会に恵まれ、映画の阿弥陀堂周辺の風景を確かめたくなったので、そのビデオを見た。四季折々の阿弥陀堂の周辺の景色はとても美しく、再び癒された。今度は、秋の阿弥陀堂に行ってみたいと思った。
posted by さくら at 06:53| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

信州須坂 田中本家

梅雨晴れ間に出かけてきました。
信州須坂 「豪商の館 田中本家 博物館」のphotです。時間があったら、MyHP別館に遊びに来てくださいね。
posted by さくら at 15:23| 長野 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

子山羊に遭遇

信州も各地で山開きが済み、観光シーズン、待ちに待った高原の季節。
ところで、梅雨の季節と言うのに、空梅雨で結構、お水に携わる仕事の方々には深刻な問題デス。林檎や梨の実が大きくならない、キャベツやレタスも出荷時期が重なり、市価の暴落で廃棄。農家はやりきれないだろうな。自分では、節水しないといけないなぁ〜くらいしか出来ないのですが。^^;
ところで、レンゲツツジやニッコウキスゲで知られている信州の車山高原、霧が峰、美ヶ原も梅雨とは思えない暑い1日でした。まだ、お花はちょっと早いかな?お天気でも山がガスってて眺望はNG。
その青空の下、霧が峰の分岐点のドライブイン休憩所界隈にて、山羊の親子がおりましたとさ。
ずいぶん人なつこい子山羊なので、オオバコをあげたら食べたので、いい気になって、戯れたら、
石の上に乗り、「ちょうーだい」とあたしの膝を前足でトントンされて、催促。すごく可愛かった。
まるで、飼い子山羊のようだよ。でも炎天下、子やぎたち、お水も飲まなくて日傘もなくて大丈夫?あとから、とっても心配になりました。子山羊の視線の先には、あたしの摘み取るオオバコが…。
あ〜ら、見てたのね!(*^_^*)
yagi.JPG
posted by さくら at 00:48| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

新緑を求めて

いつも行き当たりばったり(@_@?。今回は、思い切って何年か振りに山間の温泉
旅館を目指すことにした。
当初は日帰りと見込んだもののこんなところへ行く機会は滅多にない。「泊まろ
う!」という話になった。

今ではすっかり北信州の奥座敷となった秋山郷にも行きたかった。
泊まりは県境を越え、新潟の十日町市(旧松之山温泉町)、日本の三大薬湯の松
之山温泉。
選んだ温泉旅館は料理に定評があるということで、大いに晩御飯に期待した。そ
の結果は◎

奥信濃のある今では県内でも知られたGWのいいやまの菜の花まつり。ここから
もっと奥の集落に向かうと
映画「阿弥陀堂だより」のロケ地がある。5月も末に近づいているが、阿弥陀堂
周辺には菜の花が満開。
通りがけの畑のおばさんの話によると、今年初めて(休耕の)畑に菜の花の種を
蒔いたとの話。
ちょうど見頃だ、咲いて良かったと、地元の人々に感謝したい。GWが過ぎて、
躍動感あふれる北信濃。
この風景を見ているとシアワセな気分になる。都会の人たちがホッとする、感激
するのも頷ける。
近くの棚田は代掻きをしていた、田植えもこれからだ。

そして、なかなか遭遇できなかった風景に遭遇した。野沢温泉村にある湖の菜の
花である。
GW過ぎに咲くされている菜の花がこの時期、感謝に尽きる。昼は飯山の郷土料
理笹すしを食べた。

そのまま北上、一気に新潟県へ向かう、津南町を経て、20キロも走らないうち
に十日町市に入る。
冬の奥信濃も新潟も雪で閉ざされる地で、今年の積雪は半端じゃなかったようだ
、だから春は嬉しい。

もうひとつ、見ておきたいところがあった、新潟の松之山にあるブナ林だ。ここ
は、町が整備していて、
ブナ林の景観が整理されているので、美人林と呼ばれている。
手軽に運動靴でも履いていれば、歩ける林、ちょうど、東北系列のロケ隊が来て
、下見?の食いしん坊の
内山くんとすれ違った。翌日は生中継があり、片岡鶴太郎氏にも遭遇した。
ブナ林はちょうど雪解けも終えて、新緑の美しい林、森林浴にはいい季節。
絵を描く人もいたり、とてもいい風景だった。
ちなみにMyHPのIndexの水面には、ブナ木立が映っているよ。

帰り道に秋山郷にも立ち寄る。秋山郷は山深く、一度新潟県津南町を通って、長
野県秋山郷に入る。
県境の秘境で、津南町のもらうパンフには「越後秋山郷」とあり、長野県に入る
と「信州秋山郷」となる。
確か10年以上前の秋に、秋山郷の入り口、前倉橋までは行った。同じ風景、何
も変わらない。
木の景観もそのままで、その橋のたもとの茶屋のイワナを食べた。焼いてくれた
のは孫息子。
以前は、おばあちゃんがイワナを焼いてくれたことを話すと、今は引退しても元
気だという、何より。
このまま、秋山の奥地へと向かう。山…やま、ヤマだ。山しかない。鳥甲山にも
苗場山も雪が残っていた。

今回は、幸運が重なっていい風景をたくさん見れたことに感謝する。
旅行記も書きたいと思う、時期は未定だけど、様々な画像をUPしたいと思う。


image/sakuratic-2005-05-22T17:46:10-1.JPG





posted by さくら at 17:46| 長野 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

春。花、さくら…。

4月になり、2週間程過ぎて、やっと信州の新聞も県内各地の「花だより」が紙
面を飾るようになった。
上旬は、晴天が続かず、天気が悪くなるとめちゃ寒くて、その頃、関東地方は、
4月8日ことから真夏日の影響で、一気に桜は満開。
羨ましかったです。その頃、長野に行ってもやっとこさ梅が開花した様子だった
んで、少々つれない気分でしたもの。
それから1週間が待ち遠しくて、13日頃から松本城も一気に花開き、高遠城址
公園も一気に満開。
15日の夕方のニュースでは、高遠城址公園の中継ばかり。TBS系のNEWS
23でも中継をしていた。
週末は高遠の桜でにぎわっていたところ、「桜を見に行こう!」と言うことでト
ントン拍子に?話が進み、
高遠の桜を見に行くことになった。もちろん、初めての桜シーズンの高遠に行く

先週の金曜日は、NEWS23を見ながら、「行きたくても、すごく混んでって
」って、友達にぼやいてたんだけどね。
アハハ。その2日目には、なぜか行って来たという、瓢箪から独楽のような桜狩
りでした。
国道152号線は、全国各地の観光バスが並んで、自然渋滞で峠を越えをするこ
とで有名で、ホント近づきたくなところ。
しかし、関東からのルートは、この国道152号杖突峠だけしかないんで、あと
は観光バスに挟まれるかは、運のツキ。
結局、なんとかシャトルバスと提携している駐車場へたどりついた、もう本当に
人。人。人でした。
一般の花見客に、全国からの桜観光バスツアー客の多いこと、多いこと。(福井
、富山にはびっくり。静岡、練馬、八王子…)
県外車もすごかったし。(関東ナンバーのオンパレード)人込みに疲れたけれど
、すごくきれいな桜でした。
今にでも桜が降ってきそうな見事な咲きっぷりに、惚れ惚れしました。
また、別館にUPしたいと思います。(ホムペの目標、願望。がんばる!)
今夜は雨です。これで、高遠の桜も散ってしまうのね…。でも、県内は広く、こ
れから桜が咲くところもあります。


__________________________________
Do You Yahoo!?
Upgrade Your Life
http://bb.yahoo.co.jp/

posted by さくら at 20:28| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいとお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。