2005年07月07日

健康診断の日

今日は、(・・?と思いました。職場の健康診断で、レントゲン巡回車とともに
参上しました。

昨日、受けた同僚からの話だと、すごくコウルサイ ドクターらしく、
ナースから「受診中は静かに!!」の念を押されたとのこと。
その旨を書いた張り紙までがしてあるんですよ。
常識的な範囲でバカ騒ぎなんてしませんよ。あたしたち!!

受診受付も済んで、視力検査や聴力、視力などを済まして、いよいよ問診になり
ました。

ナースから「7分袖のTシャツを肩までめくり、半袖みたいにしてください。」
言われました。
普通、ドクターが聴診器を胸部に当てて心音を聴くのに、
上半身のファンデーションって自分で上にめくる?じゃないですか?それは駄目
だって言われて、
前もって、ファウンデーションをはずしてくださいと。「え?そんなの言われた
ことがないよ〜。」

はい、あたしの番になりました!「もう少し右寄りに座ってください。」座る角
度まで言うんです。
「はっ?」「眼鏡を外して、籠に置いて。」「えっ?」心音を聴いてその後の血
圧を計るのに、
「半袖じゃない」って、「血圧計で計りにくい、やりにくい」みたいな事を言う
んですよ。
こっちは、視力が悪いのに、自分がチェックした問診票も見えない状態で、あれ
これ聞かれても、
話が見えないし、ドクターの声は小さいし、とにかく健康なので、
「今のところ、自覚するような症状はないです。」と言いました。

サバサバしているドクターとは、またタイプが異なる、なんと形容していいのか

癒しのオーラがない個性的なドクターでしたわ。こんな医療従事者は初めて!(・
・;)

でも、ナースさんたちは、みんな親切で普通なんですよ。念のため。気疲れで気
の毒です。
これじゃ、血の気の多い男性社員とのやりとりは、熱くなって、血圧が上がり気
味かもしれませんよ。
ヘンなおじさん?とまでは言いませんけれど、あーびっくりした。
来年は癒してくれるドクターがいいなぁ。(希望)




__________________________________
Save the earth
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ondanka/

posted by さくら at 14:30| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | おしゃべり&mail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お医者さんもいろいろですよね。
私がよく行く大病院は、とにかく研修医が多いです。
自分で判断に困って上司に頼ってたりします。
精神的に不安定な患者さんだったら、不安に陥りますよね〜。

私が毎年受ける、職場検診のお医者さんは、
気が小さそうで、ぼそぼそしゃべって、何を言ってるかわかりません。
すぐに「はい、すいません」って言うのです(笑)。
毎年、「またあの小心医者かよ」とみんなに言われてます。
Posted by くみ♪ at 2005年07月08日 06:19
大病院も研修医がたくさん居ますよね。
一人の患者さんを取り囲んで…って感じで。

翌日、転勤して来た同僚から、「今年はこちらの事業所で、またこのドクターかよ。」だって。
そして、取り纏め担当部所のボスから「健康診断どうだった?」と聞かれて、「今年は、個性的なドクターですねぇ。」に対して、「かなりね!」とおまけがつきました。相当な自己中ってこと??

小心者でも、謝る謙虚さ?があるドクターの方がよっぽどマシです。だけど、小声では診察にならないね。
Posted by さくら at 2005年07月08日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。