2006年11月03日

歯医者さん その8

いよいよ ハローウィーンの朝、プチ矯正 の朝を迎えました。
なーんか??ドキドキ。どんな感じかなぁ??いよいよ診察室へ。
まずは、歯のクリーニング。ブランケットをするので、歯の大掃除です。
おそらく、全ての歯の隅々のまで、歯石や歯間を丁寧に洗浄していただいた模様。
もう、俎板の鯉 状態ですから、覚悟を新たに決めたところで、
先生がブランケット装置をつけ始めました。

まず、歯の寸法を確認しながら、まるで、
皮膚科でピアスを開ける時に、目安の印をつけていました。
そして、ブランケットの器具を、要は、スーパーボンドというか、
アロンアロファのような かなり強力な接着剤で、
歯の中央にひとつずつパーツを付けて行くのです。
上段の歯に装着したら、9分くらい乾かして、今度は、下の段の歯です。

何しろ、ブランケット装着時に口は開きっですから、
分泌する唾液で苦しいんですよね。
歯科衛生士さんに、唾液を取って!とジャスチャーでお願いしたら、
噛み合せに入れておいた右のガーゼをまで吸引しちゃった。
まるで掃除機で詰まるものを吸引しちゃった音?を、聞き逃しませんでした。

左はガーゼ、右はガーゼがないんで、なんともアンバランスな感覚。
先生は、他の患者さんの治療もしていますから、診察室を飛び回っています。
先生が来てくれたんで、これこれしかじかアンバランスだって伝えたら、
心配ないからと、下の歯のブランケット装置を付け始めました。
「接着剤の変な味が苦いけど、ごめんね〜。」と。ここで、先生が吸引指示。
歯科衛生さんが吸引、、「あれ?」 「吸引してない」 先生は「!!!」
原因はさっきの…ガーゼです。
歯科衛生さんには、可愛そうなだったかな?と思ったんですけど、
先生も原因が一目瞭然ですから、苛々しないで済んだと思いますよ。

さて、気を取り直して、下のブランケット装置装着!9分乾かして完了!!
ここで、当初 プチ矯正の見積もり時に採寸した歯の状況と矯正で歯が
動いていくので、歯間を超薄なスライスして、隙間の遊びを作ってくれました。

今度は、形状記憶のワイヤーをブランケット装置に通しながら、
要のところを固定していきます。1ケ所だけ、歯の段差とワイヤーの
力加減のバランスが崩れたので、ブランケット装置が外れてしまい、
また、その部分だけ、装置を付け直しました。

最後に、歯磨きと食べ物の諸注意があるかを確認しました。
キシリトールのガムは噛んでいいです。甘いものには気をつけて。
ブランケット装置周辺は、歯磨きを気をつけてください。
矯正用の毛先が△の歯ブラシをオススメします。
歯茎は、従来どおりの歯磨きを、ブランケットのところは、
△歯ブラシで丁寧に、磨き残しがあると虫歯になりやすいですよと。

先生も他の患者さんを治療していますし、矯正は2次的手術ですから、
時間が掛かるのは、仕方がありません。
ハプニングもありましたが、9時過ぎに診察室に入り、退室したのは、
正午を過ぎていました。
治療を一部始終をブログに書けるのは、先生が状況を患者さんに
説明するし、誠心誠意の治療をして下さるからです。

受付のお姉さんも矯正中なんですけど、開口一番「喋りにくいですね」と。
「すぐ、慣れますよ」と励ましてくれました。

歯が痛くなるかも?と矯正経験者に脅かされたけど、
歯そものもが痛い感覚は、今のところないです。
二日後、ワイヤーが少し右頬にあたったので、先生にワイヤーの
角度を変えてもらいました。その後、不快感はありません。

歯磨きは、2種類を使うので、時間はかかりますが、
食後すぐ磨かないと、ブランケット周辺が歯がゆいのです。
実際、食物の食べ残しもブランケットに付着しますしね。
今まで以上に、ジュースよりも緑茶を飲むことになりそうです。

posted by さくら at 16:57| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康&美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなふうに装着されるのですね。初めて知りました。お疲れ様〜。
さくらさんは、自身のケアをいつも怠らなくて偉いなぁ。
こうした選択は、きっと先々、実り多いことでしょうね。
ますます美人さんかなっ?(笑)
Posted by sifon at 2006年11月04日 13:29
こんばんは。
まだ、なんとなく慣れなくて、気になると、
手鏡でブランケットした歯を見ています。

生活圏エリアに2、3年前にやっと矯正も面倒診てくれる歯医者が開業し、プチ矯正が出来ると知って決心したんです。まだまだここは、田舎です。
sifonちゃんのところは、こちらに比べたら、まだ医者には困らないでしょ??(^_^;
Posted by さくら at 2006年11月05日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26705471
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。