2006年06月21日

歯医者さん その6

今回は、子供の頃に治療した歯の形跡で、
長年気になるところがあり、その箇所を治していただきました。
その歯間にデンタルフロスを入れと、引っかかってしまうんです。
その悩みも解消しました。


今後の方針は、定期的に歯周病の予防するために、
歯の管理をしていきましょう!ということになりました。
毎回、担当の歯科衛生士さんにお世話になります。

ところで、今年の4月より、小泉改革の一環として、医療費抑制のために、
歯科医療保険制度も改革され、歯周病を定期的に管理する費用を保険適用
できる患者さんは、この改革された条件に2年間も当てはまらなければなりません。
しかし、ほとんどの患者さんはこの条件に当てはならいのが現状だそうです。

要は、健康を損ねたら、保険で治療します ってことですから、
単なる医療費削減だけの改革で、健康予防をすることも、
経済的に余裕がない人々は、出来ないってことです。
住みにくい ニッポン になってしまいました。

自分の健康管理費ですから、長い目で見れば、自費でも、
歯周病予防はしていただこうと思っています。
だって、歯槽膿漏や入れ歯になりたくないんだもん。

そういえば、コンタクトレンズも定期検診も、
4月から自費になってました。(-.-)


posted by さくら at 11:12| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康&美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかおかしい小泉改革かな?
予防歯科の自費はつらいよ(・・、)
Posted by くみ♪ at 2006年06月23日 15:19
なんか、不透明?な、気づいたら、もう決まってたっていう感じの可決案が多過ぎるよね。
政治家の体質が変わらなきゃ、ニッポンは変わらないね。ますます、貧困格差が出てますね。
これからは、医療にもお金がかかる世の中だね。
Posted by さくら at 2006年06月24日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。